違憲性に対する緊急警告


この緊急警告は、後日、編集して当会の正式発信として文書化しますので、コメント欄よりご意見をお聞かせください。(完全護憲の会・編集委員会)

緊急警告033号 韓国の元徴用工判決で政府は歴史をゆがめるな!

韓国大法院(最高裁)が、韓国の元徴用工の強制労働をめぐる訴訟で新日鉄住金(旧日本製鉄)への賠償を命じた10月30日、日本政府に激震が走った。この判決に新日鉄住金が応じなければ、裁判所はその資産差し押さえを実行できる。日本政府は、「1965年の日韓請求権・経済協力協定によって完全かつ最終的に解決している」「極めて遺憾」「国際法に反する」「毅然として対応」などと主張し、国際裁判所に持ち込む姿勢を隠さず、在韓日本企業を集めて日本政府の方針に従って対応するよう働きかけている。
しかし一方で、「日本政府は国会答弁で、個人が賠償を求める『請求権』自体は残っているとも説明してきた」(東京新聞社説 10月31日)。現に11月14日の衆議院外務委員会において河野外相は、日本共産党・穀田恵二議員の質問に対して、「個人請求権が消滅したと申し上げるわけではございません」(ハンギョレ新聞 日本語版 11月16日)と答えているのである。 (さらに…)

2018年12月16日

緊急警告032号 憲法を無視する防衛費の増大!

第一次世界大戦の終結から百年を迎えた11月11日、フランスの首都パリに60ヵ国以上の首脳が参集し開かれた式典で、マクロン仏大統領が演説し、「第1次大戦は1千万人の死者を生んだ。自国の利益が第一で、他国は構わないというナショナリズムに陥るのは背信行為だ。いま一度、平和を最優先にすると誓おう」と呼びかけた。この忠告に、トランプ米大統領はむっとした表情を見せ、同日開かれた平和フォーラムを欠席した。
このようなトランプ米大統領と組んで「自由で開かれたインド太平洋構想」を掲げて中国に敵対しつつ、北朝鮮のミサイル発射を国難と煽り、安倍政権は陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージスアショア」を購入したあと、新防衛大綱の策定をこの冬に見込んでいる。
この大綱は「これまでの延長線上ではない、数十年先の未来の礎となる防衛力のあるべき姿を追及していく」(10月29日、衆院代表質問への首相答弁)もので、そ (さらに…)

2018年11月20日

緊急警告031号 首相による憲法の独善解釈は歴史的汚点!

さる10月24日開会の臨時国会における所信表明演説で、安倍晋三首相は、「国の理想を語るものは憲法です。憲法審査会において、政党が具体的な改正案を示すことで、国民の皆様の理解を深める努力を重ねていく。そうした中から、与党、野党といった政治的立場を超え、できるだけ幅広い合意が得られると確信しています。そのあるべき姿を最終的に決めるのは、国民の皆様です。制定から70年以上を経た今、国民の皆様と共に議論を深め、私たち国会議員の責任を、共に、果たしていこうではありませんか」と述べ、9条に自衛隊を明記する改憲案を、この臨時国会で提示することに意欲を示した。
この所信表明に対する各党代表質問の冒頭に立った枝野幸男立憲民主党代表は、「国の理想を語る (さらに…)

2018年11月19日

違憲性に対する緊急警告」への2件のフィードバック

  1. 緊急警告019号について
    教育勅語の問題は、それがどうやって使われたかという、この一点を抜きには考えられないと思います。

    小学生が、国家のための死を、愉快な事、と考えるよう教育されたのです。

    それについての検証や反省もなく、ただ、いい事が書いてある、などと部分的な見かけだけで肯定的に評価するのは問題ですし、しかも国会で失効が確認されているものを政府がそのように公言するなど、大変な問題です。

    中古品を新品だと偽るかのごとく、一度ひどい使われ方をしたそのものを、どんな使われ方をしたかについては口を閉ざして、無垢のものであるかのように取り扱うのであれば、いずれ過去と同じ過ちを繰り返す事になるでしょう。そのような事があっていいはずはありません。

    使い方を間違っただけで内容は良かったと評価する人もいる教育勅語の何が問題なのか、今度は、その内容に含まれる問題点について見ていきたいと思います。

  2. 緊急警告019号について(その2)

    教育勅語の内容についての問題
    【①勅語と言えども天皇の言葉ではなく、主に井上毅(こわし)の言葉です】
    起草者の井上毅は、西洋文明の流入が激しかった当時の日本において、立憲主義の国家を打ち立てるにも儒教などの思想や古典の解釈を通じて国を治める事が重要と考えました。
    井上毅の思想が、西洋の文化を認識した上で、日本及び東洋の文化に広く依拠している事を考えれば、勅語の内容が、どの一部もことごとく間違っているなどと言えるはずもありませんが、やはり全体の内容としてのそれは、井上毅なりに昇華したものであって、また別の人が諸々の古典を読み解き諸々の事象を勘案すれば、井上毅が導き出したものとは違った結論が導き出されるはずです。
    実際に教育勅語は、明治期でさえ、その内容が問題視されることもありました。西園寺公望( きんもち)は「文明の進歩に少なからず障害を与える」と批判し、明治天皇もその指摘を受け入れ、草案の起草を命じたようですが、西園寺の病気で実現はしませんでした(毎日新聞 2017.3.28 夕刊、2面)。

    ところで、日本国憲法も御名御璽で公布されているのですから、教育勅語を肯定評価するほどの政府が、この憲法を遵守しない意味がわかりません。
    改憲が結党以来の党是(根本方針)と公言し、憲法記念日にさえ、改憲を宣言するなど、法治国家として異常な事態が起こっているとしか言いようがありませんが、のみならず、御名御璽をも否定しているという事実は注目すべき点であるように思います。

    【②教育勅語のもう一人の起草者の元田永孚(もとだながざね)は儒学者です】
    教育勅語は、儒教の思想に基づいて作られました。儒教は中国古来の思想です。国際理解のためにも、古くからの日本を理解するためにも、儒教を原典から勉強する価値はあります。
    考察すべき点の豊富な過去の原典に広く触れることによって、近隣国への昨今のヘイトスピーチがいかに意味のない愚かな事かを、考えられるといいのではないでしょうか。

    【③神話は神話として取り扱うべきもの】
    教育勅語は、元々が子供の教育を目的として作られたため、子供が親しみを感じ易いようにでしょう、神話に基づいた作りになっています。教科書に昔話が利用されるのも同じような意味合いと思われます。
    悲しい事に戦前の一時期の日本では、神話と民族を安易に結びつけて民族の優位性を前面に押し出す風潮があり、それによって差別が生まれました。
    神話は世界中どこの国にでもあります。いにしえの神話には心ひかれますし、外国の神話はまた異国の情緒をも感じて魅力的に映りさえしますが、それによって、自分が殺される側に回ったとしたらどうでしょう。
    神話は神話として楽しむものであって、戦争の道具にされるべきものではありません。

    【④究極において人は、親を守るべきか、子を守るべきか】
    人は、もし誰かのために死ぬとすれば、先祖や親のために死ぬべきなのでしょうか、子のために死ぬべきなのでしょうか。別の言い方をすると、まだ結婚もせず、子供もいない若者を大量に戦争に送り込むなどという事がなぜ、起こったのでしょうか。

    本当は、未来のためにこそ子供を守るべきだったのではないでしょうか。
    子供が親を守る事が当然であるなどと、どうして考えられるでしょうか。

    教育勅語が、国家の軍国主義的行動を支える重要な役割を果たしたのは紛れもない事実です。
    教育勅語衍義にも記されているように、「以テ天壌無窮ノ皇運ヲ扶翼スヘシ」の「以テ」とは、「父母ニ孝ニ」から「義勇公ニ奉シ」までを含んでおり、それら全ては「皇運ヲ扶翼」するための手段としての徳目であると解釈されたわけです。そのため、いったん戦争になれば全てが戦争のために注ぎ込まれていくようになり、そうして始まった戦争はすぐには終わらないから、結局はずっと、全てが戦争のため注ぎ込まれ続けていくようになってしまったのです。

    “ 君主は臣民の良心の自由に干渉せず ” とも考えていた井上毅がそこまでの事態を予想したかどうかはわかりませんが実態はそうなりました。
    その中で、一旦緩急あればという状況を、誰がどのように判断するのか、その緩急の状況がどれほど続くのか、全ては天壌無窮の皇運のためと言われれば、その誰がどこでしたかもわからない判断や命令に対して、私たち国民が反対の声をあげる事は決してできなくなったのです。

    つまり、到底、個々人の良心は自由ではいられなくなったのです。

    これこそが、教育勅語の問題の焦点なのです。
    最後の一人まで死んでも皇室をお守りせよ、とは書かれていないのに、
    最後の一人まで死んでも皇室をお守りせよ、と読めてしまうという、
    それこそが、この教育勅語のもたらす最も重大な弊害なのです。

    当時の日本では、学校で教育勅語を暗唱し、親が子を慈しむというよりむしろ、これを逆転させて、勇猛な武士の話を織り交ぜつつ、忠や孝に重きを置いて子供達を戦争へと駆り立てる教育を行いました。日本があれだけの犠牲を出してまで戦争をやめなかったのも必然の帰結です。

    これは、多分に精神論なのです。現実的ではないのです。
    実際は、最後の一人が死んでしまえば、皇室もそこでおしまいです。皇室を守るのであれば、本来ならば、生きてこそ守るべきなのです。そうであれば、殺し合いの戦争ではなく、対話が重要なのではないでしょうか。親子であれ、他人であれ、対話にはとても時間がかかりますが、対話こそが、核の出現以降、格段に重要性を増しているのです。

    ちなみに、稲田防衛相が教育勅語について、「『日本が道義国家を目指すべきだ』という精神は、取り戻すべきだ」とか、「勅語の精神は親孝行、友達を大切にする、夫婦仲良くする、高い倫理観で世界中から尊敬される道義国家を目指すことだ」とかおっしゃいました(2017.3.8 参院予算委員会、毎日新聞 3.9 朝刊 5 面)が、教育勅語の中には道義国家などという言葉はありません。
    それどころか「道義」は戦陣訓で言及されているものです。戦陣訓は武士道に基づくものと言われており、“ 生きて虜囚の辱を受けず ” で有名ですが、防衛相の認識では教育勅語も戦陣訓も、同列のものと捉えられている可能性があります。
    このことからもやはり、教育勅語は、現代においても、なお、戦陣訓などと非常に親和性の高いものだという事がうかがわれます。
    戦陣訓は、当時、かるたなどを通して子供達にも親しまれました。
    教育勅語は、武士道的な戦陣訓と相俟って、戦争への心構えをさせるのに大いに役立ったと言えようかと思います。

    ⑤【国会と裁判所の機能を重んじ、三権分立を確かなものにしたい】
    第一、国会で失効したものを閣議決定で復活させる事が許されるはずもなく、復活するのであれば国会の議決を経なくてはならないでしょう。けれども、それならばその前に、教育勅語の「博愛衆ニ及ホシ」や「国法ニ遵ヒ」に反し、「一旦緩急アレハ」のみをほしいままに援用して、三百万の日本人を死に追いやった軍及び政治指導者達に対する、私たち国民自身の意志による裁判を、是非とも実施しなくてはなりません。
    私たち国民自身による細かな検証も反省もないままで、三百万もの国民を死へ導く根拠として利用された教育勅語を復活させる事は到底あってはならないことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください